もっと綺麗にもっと美しく燃焼をデザインし、全く新しい構造になったサイクロンヒートライザー(特許出願済)を採用したサイクロンロケットストーブ。エアーの使い方がロケットストーブを劇的に変える!燃焼効率と耐久性を高次元で両立させた次世代ロケットストーブ。
それぞれの形状に意味があり、それらが組み合わさることによって、さらに性能を引き出し合っています。美しく燃焼をデザインするその形状の意味が、できる限りシンプルに詰まっています。その技術は見えないところにもたくさんあります。そして、私たちはまだまだ知りたいことがあります。ロケットストーブはもっと進化する!
お問い合わせはこちらから → info@firecyclone.jp
なぜ、サイクロンなのか?
ヒートライザー内でできるだけ燃焼経路を長くするためです。そうすることによって滞留時間を稼ぎ、炎を炎で熱くしています。実際には螺旋状に燃え上がっていて、炎と空気がミルフィーユのように重なっています。しかし、ただ回せばいいというものではありません。どうしたいから回すのか、それに必要なものがなければいけません。
なぜ、ヒートライザーはこの形状なのか?
これまでにヒートライザーだけでも百数十本試作し、燃焼テストを繰り返してきました。1トン以上の鋼材を使ったことになります。なぜそんなにも労力がかかるかというと、実際に燃やしてみないとわからないからです。頭の中だけではものづくりは完成しません。そして、それだけの検証を繰り返してわかったことは、規格鋼材の形状の組合せではどうしても辿り着けない領域があるということでした。
なぜ、断熱材は使わないのか?
必要なくなったからです。ロケットストーブに断熱材は要らないと言ってるわけではありません。私達が作り出したこのサイクロンヒートライザーには必要ではなくなったということです。新型サイクロンヒートライザーには炎の外側にも空気の層を作りました。その空気の層は鋼材と炎の間を旋回しています。旋回する空気層の壁の中を螺旋状に燃焼しています。ヒートライザーの外側は燃焼用空気をプレヒートするチャンバーになっています。そうすることによって、燃焼と耐久性を高レベルで両立させています。

常識を疑ってかかると一気に世界が広がる。常識は目指す目標ではなく超えるための目安だと思っています。こうでなくてはならないと言われるものを違う方法で超えようとするのは本当にワクワクします。
ここに記したのは、その性能の理由の10%ほどです。ぜひ、実際に CYCLONE BAZOOKA X を使って、その先を見つけてみてください。
(幅)225mm×(奥行)415mm×(高さ)750mm(突起部含まず)
(総重量)25kg (本体重量)13kg+(ヒートライザー部重量)12kg
150000円(税別)

~オプション~

ピザオーブン付きクッキングテーブル(左写真)
(幅)700mm×(奥行)300mm×(高さ)860mm(組立時)
ピザオーブン(幅)293×(奥行)300mm×(高さ)50mm
重量:
煙突径:120mm(別売)
50000円(税別)
ペレット用バスケット
ペレット使用の際は必要です
12000円(税別)
※配送の場合は別途送料が必要です
用途:アウトドア、災害用
防災用品や屋外イベントでの使用目的として、自治会やマラソン協会にも購入いただいています。
CYCLONE BAZOOKA X(3次燃焼サイクロンロケットストーブ)の使用動画
 
もどる